Read Article

プーチンが怖い理由とは?麻生太郎が肘鉄したエピソードが面白いww

プーチンが怖い理由とは?麻生太郎が肘鉄したエピソードが面白いww

ロシアのプーチン大統領は「怖い」と良く言われます。それは何故でしょうか?

また、そんな「怖い」と言われているプーチン大統領に、麻生太郎さんが首相時代に肘鉄を食らわしたというエピソードが残っています。

その事について下記に述べていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

ロシアのプーチン大統領が怖いと言われている理由…それはこの画像を見れば分かる?

 

インターネットの検索ワードで「プーチン」と入力してみると関連ワードの4番目に「怖い」と出てきます。なぜロシアのプーチン大統領が怖いと検索されているのか?

その理由を幾つかあげていきます。

 

○外見

 

○元KGBのスパイという経歴。

 

○柔道と格闘術のサンボの達人。

(柔道家の嘉納治五郎、山下泰裕、姿三四郎を尊敬している所から親日家とも言われる)

 

この三点だけ十分怖いのですが、プーチン大統領が最も恐ろしい点は、ロシアという国のトップに立つ政治家として何を成したか?という事にあります。

 

政治家という職業についた人は、「個人的には聖人であっても、政治的には悪人になる事がある」ものです。個人的に「怖い」というイメージを持たれがちのプーチン大統領はどうなのでしょうか?

そもそもプーチン大統領は「チェチェン共和国への軍事介入」によるロシア国民の支持を追い風にして大統領代行に任命されたのですが、その軍事介入の根拠になった「チェチェン人による連続爆破テロ」にしても、プーチンの自作自演だったという噂もあるくらいです。

 

これまで政敵を暗殺しているという噂は多々あり、今年の2月27日にもプーチン政権を批判してきたネムツォフ元第一副首相が「何者か」に暗殺されたのが発見されたばかりです。

 

その「何者か」を見つけ出す機関もプーチン大統領の直属機関である…というのってとっても怖いことだと思いませんか?

 

プーチン大統領の有名な語録を以下に紹介します。

我々の敵はテロリストでなく、ジャーナリストだ」(2001年5月)

この言葉をあなたはどのように受け止めるでしょう?

 

スポンサードリンク

麻生太郎のプーチン肘鉄エピソード!関係はどうなの?

 

まずは、この画像をご覧下さい。

131

 

この写真は2009年の5月にプーチンさんが各種の協定を結ぶ為に日本にきた時に撮影されました。(この時のプーチンさんの立場は首相)

この時日本の首相は今安倍政権下で財務大臣を務めている麻生太郎さん。

 

麻生さんとプーチンさんは互いの大臣が書類にサインをする際、ずっと立って見ていなければならず、その間ひそひそ話をしていたそうです。

 

麻生さんはロシア側から出てくる人、出てくる人皆身長が高かったので、「大きい人が出てくるなあ…」と思っていた所に出てきた対して背が高くないロシアの大会社、ガスプロム社の社長(ちなみにこの人はロシアの前首相)の姿を見て、次のような会話がなされたといいます。

 

麻生太郎:「利口そうな顔してるなぁ」(ちなみに英語)

プーチン:「ああ、あいつは利口なやつだよ」(こちらも英語)

麻生太郎:「なんだ、ロシアでも利口なやつはあんまり背が高くないんだなぁ」(勿論英語)

 

写真で見てみるとプーチンさんと麻生さんの身長はほぼ同じくらい。ロシアでは決して高くない方なので、この発言に強面のプーチンさんの頬も緩んで、ニッコリ。

そして脇の辺りに肘鉄を食らわす麻生さん。という場面なのです。

(ちなみに麻生さんの身長は公称175cmとされていますが…本当でしょうか?)

 

この時の様子を麻生さんは後に「あいつ、そういったら喜んじゃって~」と満面の笑みで語っています。

首相在任当時は「漢字が読めない」事ばかりが取り上げられていて、この写真が撮影された時も「プーチンとじゃれあっている場合か?」という趣旨の社説や意見も多々ありました。

 

ですが、麻生政権は経済政策などの点で再評価されてもいます。そして、何より麻生さんはプーチンさんと通訳を介さず英語でこういうジョークを交せる、しかも「あいつ」と呼べる間柄だという事です。

 

 

 

ウクライナ情勢など様々な問題を抱えるロシアですが、その中で日本が国際的に果たす役割は大きく、その中で首相時代に築いたプーチン、麻生ラインというのは大きな鍵だと思うのです。

Return Top