Read Article

全身麻酔中は夢を見るの?意識はどうなる?体験談を紹介!

全身麻酔中は夢を見るの?意識はどうなる?体験談を紹介!

 

全身麻酔、経験ありますか?

大がかりな手術でなくとも、親知らずの抜歯や胃カメラなどで実施する場合もありますよね。

 

そんな、意外と身近なところにある「全身麻酔」。

実際の体験談を交えながら、全身麻酔がどんな風に行われるのかをまとめてみました。

 

「これから全身麻酔での手術や検査を控えていて不安」という方も、これを見ればきっと安心できますよ!

スポンサードリンク

そもそも全身麻酔ってどうやって行われるの?

a1180_016597

全身麻酔には、マスクなどで麻酔ガスを吸入する方法と麻酔薬を静脈注射する方法があります。

 

さらに、手術内容によって全身麻酔をしたうえで自発呼吸をしたまま進める場合と、人工呼吸を施す場合があります。

 

後者の場合は次に筋肉弛緩薬で筋肉の動きを止め、自発呼吸をストップします。

 

人工呼吸の手順としては、まずフェイスマスクで酸素を送り、酸素状態が安定した後に麻酔科医が気管内にチューブを挿管します。

 

人工呼吸が安全に完了し、患者さんの全身状態が安定したのを確認してから手術が開始されます。

 

「途中で痛みを感じたり意識が戻ることはないの?」

という心配される方もいるようですが、大丈夫。

 

手術中は常に全身麻酔薬を使用し、血圧計、心電図などを用いて麻酔科医が患者さんの状態を確認しながら手術を進めていきます。

 

そして、手術が終わり自発呼吸が戻ってから気管内に挿管していたチューブが抜かれます。

 

全身麻酔ってどれぐらいで意識がなくなるの?手術後どれぐらいで目覚めるの?

 

麻酔薬が体内に入って意識がなくなるまでにはそんなに時間はかかりません。

マスクをあてて10秒カウントしているうちに、眠ってしまう人がほとんどです。

 

 

中には麻酔薬が効くまでに少し時間がかかる人もいますが、結局は「気づいたら眠っていた」というケースが多いようです。

 

 

スポンサードリンク

 

手術後、まず手術が終了した段階で医師や看護師に話しかけられ意識を確認されます。

 

その場で話に応対できても、まだ意識がはっきりしていない状態なので、また眠ってしまうことがほとんどです。

 

その後、約2時間以内に意識がはっきりとしてくるようです。

目覚めるまでの時間には、手術の時間や麻酔薬、麻酔方法なども影響します。

 

スポンサードリンク

 

全身麻酔中って意識はどうなるの?感覚はある?

a0006_000859

全身麻酔を経験した人の多くが「気が付いたら手術が終わっていた」という感想を述べています。

というのも、全身麻酔を行っている間の体は、いわば仮死状態にあります。

 

そのため通常の睡眠のような「眠った」という意識もなく、麻酔で眠っている間の時間がぽっかり抜け落ちて一瞬のうちに終わったと感じるようです。

 

 

 

全身麻酔中って夢を見ることはあるの?

 

中には、全身麻酔中に夢を見る人もいるようです。

 

 

 

手術中はのどにチューブが入っているので寝言をいうことはできませんが、術後チューブを抜いた後、朦朧とした状態で寝言めいたことをいう患者さんも中にはいるそうです。

 

目覚めたときの感想は?体の状態は?

a0002_008278

人によっては麻酔が醒めてから体のしびれ、めまい、頭痛や吐き気などを感じることがあります。

 

 

 

これらの症状は使用した麻酔薬の影響、挿管時や手術の状況など、さまざまな理由によります。

一概には言えませんが、若い女性にそれらの症状が起こりやすいようです。

 

でも、これらは一時的なもので次第に治まります。

ふだんからよくめまいが起きるという方は、手術前に麻酔科の医師に相談してみると安心です。

Return Top