Read Article

頭から離れない人がいるのはなぜ?好きっていうことなの?

頭から離れない人がいるのはなぜ?好きっていうことなの?

何故か頭に度々浮かんできて離れない人物がいるけれど、間違いなく恋愛感情があるわけではない。これには困ってしまいますね。

この記事では、特定の人物が頭から離れない理由について迫っていきます。なぜこの人が…と思ったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

頭から離れない理由!

 

5d8ee87f0b97719d91d786f3d615d0e8_s

まずは、特定の人が頭から離れない理由を解説していきたいと思います。おそらく、ここで紹介するいずれかの理由に当てはまっているでしょう。

 

嫌いすぎて逆に印象に残っている

 

「嫌い」と「好き」は結果的に相手のことが気になっているので、近い存在とよく言われますよね。つまり、好きではなく嫌いであることで、その人が印象に残っているのではないでしょうか。

今はもう交流がない人でも、とっさにその人から受けた嫌な仕打ちのことを思い出して嫌な気分になってしまうことがありませんか?

 

積み重なった怒りや恨みの感情が、相手を頭から離れなくさせていると考えられます。恨みは時間が経つにつれて自分の考え方が変わったり、記憶が薄れてきたりしてなくなっていくこともありますが、そのまま消えないこともあります。

その人の顔が浮かばないようにするには、そんな過去の辛さがどうでもよくなるほどに今を楽しむのがいいでしょう。

 

その人の行動が印象に残っている

 

ほとんど会ったこともない人の顔が浮かぶ場合は、おそらくその人がした行動がインパクト大だったのでしょう。

例えば自分の前で突然知らない人が倒れたら、びっくりして記憶に残りますよね。すぐに立ち上がってそのまま相手は去って行ったとしても、こちらとしては驚きです。

 

その衝撃度の高さゆえに、顔が頭から離れなくなってしまったのではないでしょうか。

ここまで無関係な人ではなかったとしても、例えばそんなに親しくない知人が立派な行動をしていたとか、ひどいことをしていたとか、行動とセットで顔を覚えてしまうことはあるでしょう。

 

恩があるから

 

その人に良くしてもらったので、感謝の気持ちが非常に強いために、結果として頭から離れなくなっている可能性もあります。

そして、相手に対して自分はしっかりと恩を返せていないのかもしれません。

 

今は交流もなくなってしまい、なかなか相手に会う機会もなく、悔いがあるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

頭から離れない人がいるときの対処法

 

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s

頭から離れない人がいるときは、ここから解説する対処法を実践してみましょう。すぐに頭に浮かばなくするのは難しいですが、将来的には浮かばなくなるでしょう。

あるいは、浮かんできても問題がなくなりますよ。

 

過去のトラウマは、今の楽しさで塗り替える

 

もしもその相手が非常に嫌な人物で、自分に対して非道を働いたためにトラウマとして頭に浮かんでくる場合。

とても辛いですよね。そして、どんなに今は楽しいとしても時折浮かんできては、苦しめてくるものです。

 

しかし、頑張って今の楽しいことを積み重ねていき、相手の顔が浮かんでこないように努力していきましょう。いつかきっとトラウマを乗り越えて、穏やかな感情のまま一日を終えられるようになっていきますよ。

 

相手に会って話をつける

 

相手に借りがあるために脳裏に浮かんでくる場合は、直接会ってお礼を言ったり、何かをプレゼントしたりして借りを精算しましょう。

人生でやり残したことに対して悔いがあると、もしかしたら今際の際までずっとそれが気になって仕方がないままかもしれません。

 

それを防ぐためにも、自分の中のもやもやはどんどん解決していくことが大事です。

 

どうでもいい相手なら気にしないのが一番

 

知り合いでもない人のちょっとした出来事が頭に残っているパターンなら、もう気にしないのが一番です。

どうでもいいことなのに頻繁に頭に浮かんできたら確かに気持ち悪いですが、そういうものとして受け入れてしまえば頭に浮かんできてもあまり困りませんし、やがて浮かばなくなってくるかもしれませんよ。

 

あるいは、その出来事を忘れさせるほどの大きなことが目の前で発生すれば、もう浮かんでこなくなるかもしれません。

しかし、その場合はまた新しい誰かの顔が脳裏にずっと浮かんでくることになるかもしれませんので、それはそれで困ってしまいますね。

 

忙しくなる

 

人の顔がやたら浮かんでくるということは、余裕がある現れとも言えますよね。つまり、今よりも仕事などで忙しくなってしまえばそんなことを考えている余裕がなくなる可能性が高いのではないでしょうか。

忙しさは大変なものですが、時には役立つこともあります。仕事をしている人は今よりもさらに頑張り、特に働いていない人はアルバイトなどを始めてみてはどうでしょうか。

 

頭から離れない人は、それだけ自分にインパクトを残しています。もしかしたら自分自身、誰かの頭の中に残っているかもしれないと考えれば、そういうものとして受け入れられるでしょう。

Return Top