Read Article

仮面浪人の成功率はどのくらい?失敗したらその後はどうなる?

仮面浪人の成功率はどのくらい?失敗したらその後はどうなる?

現在、大学に行くための浪人を行っていたり、高校生で大学受験に備えて勉強を続けていたりするという方もいらっしゃるでしょう。ところで、みなさんは仮面浪人をご存じでしょうか。

仮面浪人とは、滑り止めで入った大学に行きつつ別の大学に行くための勉強をするというもの。この記事では、仮面浪人を考えている人のためにその全貌を明らかにしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

仮面浪人は仮面を付けた浪人生のこと

 

66b6b7429d17b0fa64ea4f4a18ea9b39_s

大学生という身分の仮面を付けておきつつ、その裏ではまだ浪人生として本当に行きたい大学に行くための浪人生活を続けるのが仮面浪人です。

これは非常に難易度の高いことで、普通に浪人生として勉強を続けた方が圧倒的に楽です。

 

大学1年生というものは、大学生活の中ではなかなか忙しい時期ですよね。学校生活に慣れていかなければいけませんし、講義もたくさん取る必要がある場合があります。サークル活動など、楽しいことも山ほどあるため、なかなか勉強する時間は取れません。

当然ですが、学費も最低1年分はかかります。

 

それでは、仮面浪人というものは何のために存在するのでしょうか。

答えはやはり、「学生としての身分を保つことができる」ということです。浪人生は実質無職ということになりますので、なにかとストレスが溜まってしまい厳しいものですよね。学生という建前があれば、ある程度はそれも緩和されます。

 

周りの友達が大学に行ったり働き始めたりしている中で自分は予備校に行きつつ何もない生活を送っていくということは、なかなかに憂鬱になります。仮面浪人は忙しい生活となりますが、気持ちの明るさはある程度確保できる場合もあるでしょう。

 

仮面浪人をしている人はどんどん増えてきている

 

ecbc158379ef3ee84a17fdeaaec0a56a_s

仮面浪人は結果的に仮面として扱うための大学の合格枠を誰かから奪っているということですのであまり喜ばしいこととは言いがたいところがありますが、仮面浪人を行う人は増え続けているとされています。

仮面浪人に至るケースは様々で、もちろん本当に行きたい大学があるという理由もありますが、それだけではなく、入った大学が自分に合わなかったという場合もあります。

 

仮面浪人の特徴として、元々偏差値の高い大学に入っているのにさらに上を目指すという人もたくさんいることが挙げられます。早稲田などから東大を目指すといったものです。

仮面浪人が増えているということは、それだけ競争率も高いということ。さらに大学には様々な困難と誘惑が待ち受けていますので、仮面浪人は失敗してしまうケースも多々あります。

 

また、仮面浪人を続けているとだんだん今普通に学校生活を送れているのにわざわざ入り直す意味があるのかどうかということでも悩み出すことがあります。

仮面浪人先で友達ができると、実質騙しているようなものですのでそれもまた罪悪感を生んでしまい辛いことになるでしょう。

 

罪悪感や忙しさといった様々な原因から結果的にあまりうまくいかず、仮面浪人に失敗してしまうという人もたくさんいます。

具体的に何人が成功、失敗しているというデータはありませんが、過半数が失敗するともいわれています

 

行く大学が今後の人生の全てを決めるというわけではありませんし、誰でも100%受かるような大学で仮面浪人をしない限りは自分が仮面浪人をすることによって泣く人が必ず出てくるということを考えると、仮面浪人はけっして褒められたものではありません。

仮面浪人を行うには、罪悪感や屈辱から目を背けることができるメンタルが必要です。

スポンサードリンク

 

仮面浪人失敗後の人生

 

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

最後に、仮面浪人失敗後の人生はどのようなものがあるかについて解説していきます。

 

翌年も仮面浪人を続ける

 

諦めないという人は、仮面浪人を続けることになります。その際留年を行うか、単位をしっかりとそれまでにとっておいて次の学年に移るかは人それぞれです。

留年してしまうと、もしも結局ずっと不合格になってしまったら絶望しかありません。できる限り単位を取っておいて、仮面浪人の失敗に備えておくことをおすすめします。

 

諦めて今の大学を楽しむ

 

一番優しい結末がこの方法です。仮の住まいではあったとしても、1年間も通っていれば大学に愛着が湧きますし、友達も多少はできるでしょう。諦めて今の大学を卒業し、社会に出るという選択肢を選ぶことも重要です。

仮面浪人での失敗を他で活かすこともできますし、今の大学を楽しむということは前向きな考え方ですね。

 

廃人化

 

一年間辛い思いをして勉強してきたのに落ちてしまうと、ショックは大きいものです。ここで倒れてしまい、今の大学にも行かず破滅してしまうという人もいます。

1年間を棒に振るということはなかなかに厳しいものです。立ち直るのには時間がかかる人も、たくさんいます。

 

一度は心が折れてしまうかもしれませんが、再び、そしてできるだけ早く立ち直ることが大事です。

Return Top