Read Article

自分に何も才能がないと思った時に考えたい5つのこと!

自分に何も才能がないと思った時に考えたい5つのこと!

人間誰でも、悩むことがありますよね。自分には何の才能もないのではないかと思い、苦悩してしまうことがあるでしょう。

この記事では、そんなときに考えたいことを紹介していきたいと思います。一度きりの人生ですので、明るく楽しく生きたいものですね。

 

スポンサードリンク

 

才能がなくても生きてはいける

 

df8ed80472c28bdcdb27d1317ef4102a_s

才能がなかったとしても、とりあえず生きていくことはできます。才能がなければできないことも世の中にはありますが、そのようなものは大体元々無縁な存在。

例えば、スポーツ選手になりたければ何年も、あるいは何十年もかけて特訓をしなければいけませんので、子どもの頃から競技を頑張っている必要がありますよね。

 

そのため、多くの方にはハードルが高すぎて無縁です。

人生というものはさだめのように決まっているわけではなく、流れで決まっていくもの。偶然がたくさん関連してきます。

 

そのため、もしも才能があったとしても、絶対にそれを活かして生きていけるわけではありません。

反対に言えば、才能がなくても成功することはできますし、生きてはいけます

 

才能よりも努力や諦めない心の方が大事

 

7145039f0e355ca043a021804931dcc2_s

才能はあるに越したことはないかもしれませんが、それ以上に諦めない心の方が人生においては重要となってくるのではないでしょうか。

才能があったとしてもその分野で挫折を経験することは少なからずあるでしょう。

 

才能があっても心が弱ければ挫折して、才能が消滅します。テレビに出てずっと活躍し続けているような人は、才能以上に心が強いか、強くなかったとしてもギリギリふんばれる根性を持ち合わせているのです。

しかし才能がなくても、諦めない心があれば様々な分野で成功することができるのではないでしょうか。

 

成功まではいかなくても、その世界でギリギリとどまって生きていけるでしょう。諦めてしまえば道は絶たれますが、諦めなければ形が変わったとしても世界にとどまっていけるのです。

 

才能は後から見つかるかもしれない

 

1fd4a8416d67f38acb5ad79154a9e6e6_s

才能というものは、気づかなければ才能ではありません。気づくまでには長い時間がかかるものです。

もしかしたら、自分の才能に気づくのは老人になってからかもしれません。

 

できるだけ早く自分の才能に気づくためには、様々な経験をしていくことが重要ではないでしょうか。

そして、ものごとを楽しむ余裕がなければ、実際は才能のあることをしていたとしても、自分の心情的にはただ苦しみもがいているだけで終わってしまいがちです。

 

才能というものは、私たちが思っているように輝いているものではないのかもしれませんね。

才能は、見つけようと努力すればきっと見つけられます。しかし、見つける努力をしなければ才能はただの流れ作業かもしれません。

スポンサードリンク

 

才能を見つけるために、今日から頑張っていけば良い

 

42ce2558f9cb28079df0d3875c49d38e_s

才能を見つけたいのであれば、才能を見つけられるような努力をしていくしか、やはり道はありません。

才能というものは突然現れるものではありますが、迎え入れる準備をしていなければ才能を発見することはできないので、まずは様々な経験をしていく必要があるわけですが・・・。

 

やはり、「今日から」新しいことに取り組んでいくことが、才能を見つける努力として一番大事なのではないでしょうか。

明日から頑張っていこうと思うと、たいていの場合そのままずるずると先延ばしになってしまいますよね。その結果として、永遠に自分の才能を見つけることはできないのです。

 

才能がないことに悩んでいるだけではそのまま終わってしまいますので、今日から頑張って色々なことにチャレンジし、才能を見つけましょう。

 

才能は気づかないうちに発揮されるからこそ輝いているのかもしれない

 

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

才能を見つけるためには努力する必要があると書きました。

しかし、才能を見つけるために色々なことをしていくというのは本末転倒な感じもしてきますね。

 

才能は、突然発見されるからこその才能でもあるわけです。

自分から才能を迎えに行ってしまうと、才能の持つ神秘性のようなものはだいぶ薄れてきてしまいますよね。

 

才能の素晴らしさをよりかみしめたいのであれば、気長に才能が発揮される瞬間にたどり着くのを待つというのも一つの手かもしれません。

「才能」が欲しいというよりも、才能という言葉の響き自体に輝きを感じている方は、自分から才能を探しに行くのはむしろやめたほうが良いかもしれません

 

才能という言葉の美しさにほれぼれしながら生活し、いつかそれが自分の元にも降りてくるかもしないというワクワクを感じながら日々の生活を続けていけば、人生への希望が湧いてきます。

結果的に才能が見つかる日は来ないかもしれませんが、来なくても、才能が世界に存在することで人生を楽しめればそれでいいのではないでしょうか。

 

才能は、あくまで才能。努力でも同じ効果は得られますので、自分に才能がなかったからといって無理に努力する必要もないということですね。

才能がいつか見つかることを信じて、頑張っていくのも良いかもしれません。

Return Top