Read Article

小人症の俳優は誰?ハリウッドや日本人にもいる?!

小人症の俳優は誰?ハリウッドや日本人にもいる?!

 

ハリウッド映画では、度々印象的な「小人キャラクター」が登場していますよね。

コミカルなキャラクターだったり、何かの達人でそのギャップが面白かったりと、とてもインパクトがあります。

 

CGで合成していると考えている方もいらっしゃるでしょう。しかし、けっしてその限りではありません。実際になんらかの原因があって、大人になっても身長が低い体格の人が演じています。

 

それでは、実際にどのような俳優達がいるか紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

小人症の原因と俳優

d93efe6d67402f9662d58159c4cd3f57_s

小人症の原因は様々

 

基本的には成長ホルモンの分泌が正しく行われないことが原因で、小人症になります。例えば体内発育不全性低身長、成長ホルモン分泌不全性低身長、染色体異常といったことが原因です。

 

原因がよくわからない場合もあり、それは突発性低身長と呼ばれています。

 

『ピクセル』で活躍したピーター・ディングレイジ

 

映画『ピクセル』において、決勝戦で主人公とドンキーコング対決を行ったエディ・プラント。背の小ささと派手なスーツとサングラスを着た姿は、インパクトがありましたよね。

日本語吹き替えでは、キン肉マンやケンシロウでお馴染みの神谷明さんが声を演じていました。

 

そんなエディを演じたピーター・ディングレイジは、小人症の俳優です。身長は136cmで現在46歳、実生活では舞台監督の女性と結婚しています。

『ピクセル』ではコメディチックな風貌のキャラクターでしたが、実際の本人は非常に渋いフェイスです。

 

『X-MEN:フューチャー&パスト』では、ミュータントを狩るロボット「センチネル」を作った会社の社長ボリバー・トラスクを演じました。

その演技が評価され、これまでにたくさんの賞を受賞しています。

 

エマニエル坊や(エマニエル・ルイス)

 

40代以上ならば知っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。1980年代に日本や世界において大活躍した、エマニエル坊やことエマニエル・ルイスです。

彼も小人症をわずらっており、1980年代の海外ドラマ「ウェブスター」で活躍。

 

日本ではレコードも発売されました。

近年はあまり日本で見かけることがありませんが、海外では現在も映画に出演したり、会社の経営を行ったりしていると言われています。

 

R2-D2のケニー・ベイカー

 

スターウォーズシリーズのお馴染みのキャラクター・R2-D2。このキャラクター、ラジコンなどで動かしていると思っていた方も多いのではないでしょうか。

 

実際は、ケニー・ベイカーという俳優が中に入って演じている場面がたくさんあります。ちなみに『ジェダイの帰還』では本人が入っている場面はあまりなく、主にイウォークを演じていたとされています。

 

ちなみに彼は、最新作『フォースの覚醒』においてもR2-D2コンサルタントとしてクレジットされています。

 

日本の俳優・TERU

 

ここからは、日本の著名人達の紹介です。俳優だけでなく、そのほかの著名人も紹介していきます。

TERUさんは、濱マイクシリーズなどの林海象作品の常連でした。また、テレビドラマの『まほろ駅前番外地』にも出演しています。

 

『もののけ姫』主題歌の米良美一

 

もののけ姫の主題歌で一躍有名になった米良美一さんも、小人症として知られています。

過去には様々な苦難があり、また近年もくも膜下出血をわずらうなど大変なことがありましたが、現在は復帰して歌唱を続けています。

 

地震の過去を長い間世間には公表していなかった米良さんですが、2007年頃から生い立ちを語るようになっていきました。

 

スポンサードリンク

 

手品師であり俳優のマメ山田

 

名前をご存じの方も多いでしょう。マメ山田さんも、小人症の手品師であり俳優です。

コメディアンや手品師といった活動をしていて、映画では『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』に出演したり、『ヘルタースケルター』に出演したりしています。

 

小人のマーチャン

 

様々な舞台に出演、そして『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』や『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』にミニラ役で出演したのが小人のマーチャンこと深沢政雄さんです。

映画のテロップで「小人のマーチャン」と表示されていたため、何者なのか気になっていた方も多いでしょう。

 

このほかにも円谷のテレビドラマ『緊急指令10ー4・10ー10』でロック星人を演じたり、『ウルトラQザ・ムービー 星の伝説』で土偶の怪獣ワダツジンを演じたり、さらには北朝鮮の怪獣映画である『プルガサリ』でも子どものプルガサリを演じました。

 

このとおり、彼は特撮映画には欠かせない人物でした。

 

徳川綱吉も背が非常に小さかったという説がある

 

徳川家の5代目の将軍である綱吉。彼の位牌が非常に小さかったことから、小人症だったのではないかという説があがっています。

徳川家の位牌は身長を考慮したサイズになっているとされていて、綱吉のものは124センチだったとのことです。この説が本当ならば、意外ですね。

Return Top