Read Article

ゲーム脳とはどんな症状かチェック!でも実は嘘だった?!

ゲーム脳とはどんな症状かチェック!でも実は嘘だった?!

 

ゲームをひたすらやっている子供や大人が陥る症状としてよく言われるゲーム脳。言われ始めてからもう随分と長い年月が経っていますよね。

しかしそれゆえに「ゲーム脳」はどうも意味がはっきりしないというか、漠然と使われている印象がある言葉です。

 

この記事では改めて、ここでゲーム脳の正確な意味と起こる症状をチェックしてみたいと思います。

そして、近年この「ゲーム脳」への反論もたくさん行われていますので、それについても説明させていただきます。

 

スポンサードリンク

 

ゲーム脳は認知症と同義

480841613a5e7e9958ddab300f4ed25e_s

さて、ゲーム脳は2002年に森昭雄という人物が初めて提唱しました。

 

これより前から、ゲームに関する様々な問題は指摘されていました。しかし、「ゲーム脳」という表現が使われたのは森昭雄氏の『ゲーム脳の恐怖』という本が最初と言われています。

 

出版以降、様々な人物たちに疑似科学という批判がされていますが、まずはその内容について解説します。

 

ゲーム脳とは、森氏が開発した脳波計でゲームやパソコン、携帯電話を操作している時の人間の脳波を測定すると通常時に較べて「正常な脳波」として表現される「β派」が下がっているという状態のことです。

 

そして、このβ波が下がっている状況は認知症の人の脳波と一致するということが述べられています。

一度下がってしまうと、β波はなかなか回復しないとのことです。

 

ゲーム脳とは、ゲームをしている状態に限定されたものではありません。

 

よく言われるゲーム脳は本来のゲーム脳とは少し意味が違う

d805d1a9fa3a3b6e636f0b2530cf2bd2_s

この正しいゲーム脳の説を読んで、「おや?」と思った方が多いかもしれません。

 

ゲーム脳といえば「なんでもゲームのように考えてしまう」というものや、「ゲームを延々やめられず現実を疎かにしてしまう」というものを連想していた方が多いのではないでしょうか。

 

実はこれらは、正確な意味でのゲーム脳とはあまり関係がありません。

ゲームで遊んでいてこれらのような意味で「ゲーム脳」という言葉を使って怒られたら、反論ができます。

 

もっとも反論したところでよけい怒られてしまう可能性がありますので、ゲームはハマりすぎて生活に支障をきたさない程度に遊んだほうがいいですね。

森氏によって提唱されている「ゲーム脳」の症状では、集中力がない、キレやすい、無表情、忘れっぽい、コミュニケーション不全といったものが主に挙げられています。

 

一見した段階では正直「なるほど」と思ってしまいますよね。しかし、「ゲームをやっていなければこれらのような症状にならない」とは言いがたいとは思いませんか。

森氏が著書で挙げているゲーム脳によって起こされる問題の事例の多くが、ゲームが世界に浸透する以前からも起こっていると思われることばかりとなっています。

 

例えば死んだカブトムシに対して「電池を交換しよう」と言い出す子供、という例をテレビやネットで聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、これは1975年の時点で言われていることです。

 

日本で大ヒットしたファミコンは1983年の発売ですし、それ以前に大人気となったスペースインベーダーは1978年です。

近年増えているとされる少年犯罪も度々ゲーム脳と関連付けてテレビなどでは語られています。

 

もちろんゲームをやったことで少なからず影響を受けた犯罪を起こしてしまうという可能性がないとは言えませんが、少年犯罪の数自体は実はここ数十年の間にドンドン減ってきています。

 

スポンサードリンク

 

ゲーム脳は嘘の可能性が高い(信用するのが難しい)

03c4167fc454f09ce399a5f40faa89cb_s

森氏が提唱しているゲーム脳は、様々な納得しがたい問題を抱えています。

まずは、「β波」という概念です。森氏はこのβ波ともう一つ、異常な脳波とされる「α波」を脳波測定器で計測しています。

 

α波のゲージはそのままにβ波だけが一気に下がっているために認知症と同じ症状とされています。

 

しかし、実際に人間の頭の中で流れている脳波はこの2つだけではないのです。δ(デルタ)波やγ波など、たくさんの脳波があります。それらの脳波は、この脳波測定器では一切測定されていません。

 

つまり、β波が下がったから必ずしも認知症の脳そのものと一致しているとは断定できないのです。

ちなみに、運動した後の人の脳波を計測するとβ波が下がっているという事例も見受けられます。

 

そして、さらにはその「認知症の脳波」という概念自体も森氏だけが提唱しているもので、正確であるとは言えません。

さらに、「α波」が異常な脳波であるということさえも確証が無いどころか、α波は世間的には「正常な脳波」とされています。

 

なんとそれだけではなく、「一度下がったβ波はなかなか回復しない」ということも正確ではありません。

 

これらのことから分かる通り、ゲーム脳はあまり信用はできない概念です。ゲームが様々な悪影響を起こしてしまう可能性自体を完全に否定することはできませんが、少なくともゲーム脳は嘘と考えていいのではないでしょうか

Return Top