Read Article

猫が脱走する理由と探し方!脱走防止対策にはこれが便利!

猫が脱走する理由と探し方!脱走防止対策にはこれが便利!

 

猫を飼っている方の中には、ある日突然脱走してしまい探すのが大変だったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、過去に猫に逃げられてから未だに帰ってこないという悲しい思いをしている方もいらっしゃるかもしれません。

 

猫の脱走に備え、脱走に関する様々な対策についてここで解説したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

猫は好奇心でも恐怖心でも脱走してしまう

797efafe79ee69416bb39f8669f63883_s

猫は、非常に脱走しやすい動物です。脱走の理由は様々ですが、脱走した時に何故逃げてしまったのかはある程度推測することができます。

基本的に猫は、なんとなく出たいと思ったらそのまま家を出て行ってしまいます。

 

例えば家の外に鳥がいたりボールが置いてあったりしてそれに興味を持てば、すぐに脱出を試みます。

猫にとって車は危険ですが、それに対してもお構いなしです。興味を持てば、どんどんそれに向かっていってしまいます。

 

外に出たら大変なことになるのではないかというような不安にも全く陥らず、思ったことをしてしまうのが猫です。

また、驚いた猫もすぐに何処かへ逃げ去ってしまいます。外で猫に遭遇して近づいてみたら逃げられたという経験をお持ちの方は多いでしょう。

 

猫は身に危険を感じると、すぐに逃げます。猫の近くで猫が驚くようなことはしないようにするか、やむを得ない場合は逃げられないように窓などをしっかり閉めておきましょう。

 

猫が車に轢かれてしまった姿を路上で見かけることがあるでしょう。猫は身に危険を感じると、動けなくなってしまうのです。そのため車側で避けることができなければ、猫は動けないためそのまま轢かれてしまいます。

 

家からの猫の脱走を避けるには家から出さないことが大事

c672020cc9721fa8774894dea8f36c3f_s

猫を放し飼いにしていて自由に外出させている家庭もあり、それはそれで良いのですが、室内で飼うことを決めている場合は、先程述べたとおり猫が何かに興味を持っても外に出られないように、しっかり管理しなければいけません。

 

例えば外へと繋がっている窓やドアは、猫がいる時は開けないようにしましょう。一瞬の隙を突いて、猫は走り抜けてしまいますので注意が必要です。

そして猫はもしドアなどを閉めていたとしても、開け方を知って自分で開けて出てしまう可能性があります。

 

そのため鍵があるなら鍵をかけておいたり、鍵が簡単に開けられるような仕組みだったら猫が鍵を外せないような細工をしっかりしておかなければいけません。

例えばドアを開けてもドアが動かないように突っ張り棒のようなものを付けておくと良いでしょう。

 

猫に外が危険と教えこませることで脱走を防ぐことができる

03f870394a28af2e4203ce4dbaaa6a09_s

猫を実際に外に出して、危険であるという認識をさせるという方法も効果的です。

しかしそのまま逃げてしまっては危険ですので、リードを付けて猫とともに外へ出向いてみましょう。

 

車を近くで見たり、様々な危険な場所へと猫を連れて行ったりすれば、猫はどれほど外の世界が危険であるか身を持って知ることとなり、脱走をしなくなるかもしれません。

ただし、猫が逃げるなどして周りに迷惑をかけないように気をつけて行いましょう。

 

スポンサードリンク

 

ドアなどに近づけさせないのも手

5df346244a57cb5f683f5a0b62c2940c_s

猫は問題行動を起こしたその場で怒らなければ、なぜ怒られているのかを理解できない動物です。そのため、後から注意しても全く効果がなく、ただ怯えさせるだけとなってしまいます。また、怒鳴るのも逆効果です。

 

先程述べたとおり、特定の場所に行ってほしくない場合はそこに行くとトラブルに見舞われるという学習をさせればいいわけです。

猫がドアに近づいたらほとんどの猫が嫌う水がかかるように装置をしかけたり、あるいは自分で後ろから霧吹きなどで猫に水をかけたりしてみましょう。

 

こうすることで、次第に猫は外部へ脱出する場所へは近づかなくなっていきます。

 

猫が逃げたらまずは周辺の地域をできる限り捜す

f36c375c339f1212cceb122fdb9d0808_s

猫は、一度脱走してしまうと思いがけない遠い場所まで行ってしまうこともあります。

しかし猫も実際に外に出ることで車などの危険さがすぐにわかってくるため、初めのうちは近所の物陰などに潜んでいる可能性も大いにあります。

 

また、去勢されたオスの猫ならばあまり遠くへ行かない場合が多いです。

近所で猫の名前を呼びながら探せば、見つかるかもしれません。「近所」の範囲は、だいたい家を中心とした半径100メートル程度です。

 

これ以上遠くへ行くことはなかなかないのですが、しかしやはり場合によってはもっと遠くに行ってしまうかもしれません。数日捜しても見つからなければ、より遠くを捜してみましょう。

 

猫探しのポスターを配るのもおすすめです。周囲の人々には迷惑をかけてしまいますが、できるだけ多くの家に配ればそれだけ見つかる可能性は上がります。

猫を捜す場所としては、駐車場のような猫が潜みやすい場所を捜すことが重要です。

 

日中何時間も車が止まっているため、もしかしたら潜んでいるかもしれません。

近所に駐車場があるのであれば、そこで捜してみることをおすすめします。

 

どうしても見つからない場合は、ペット探しに長けている探偵などを雇ってみるのも手です。

Return Top