Read Article

マイクロポアテープの効果は?貼り方、使い方は?薬局、ドラッグストアで買える?

マイクロポアテープの効果は?貼り方、使い方は?薬局、ドラッグストアで買える?

怪我をしたとき病院に行ったら、「マイクロポアテープ」というものを出されて、「なぁに、これ。新しい絆創膏か何か?」と思ったことのある方もいらっしゃるかもしれません。

或いは、手術の後などに病院でもらったことのある方もいるでしょう。

 

今回は、そんなマイクロポアテープの紹介です。

 

スポンサードリンク

 

マイクロポアテープとは?

1b4c77526c6d9c574006078213fe6e68_mマイクロポアテープ、英語で綴るとmicropore tape、となります。

microとは、「ミクロ、微細な」という意味であり、poreは「小さな孔(あな)」、tapeはそのまま「テープ」という意味です。

 

直訳すると、「微細な気孔のあいたテープ」ということになります。

人間の肌は、肌呼吸というものをしています。

 

また、汗もかきます。

そういったときに、この「微細な気孔」があるテープとないテープ(例えばセロハンテープは微細な気孔はありません)では、大違いです。

 

肌呼吸ができないために肌ストレスになったり、蒸れやすくなったりします。

そのため、マイクロポアテープの一番の意義は、「肌に優しいテープ」であることになります。

 

 

マイクロポアテープの効果

98ff1cf6ed3159a7900cb72a08eadc1f_mそんな肌に優しいマイクロポアテープですが、本来はいわゆるサージカルテープとしてガーゼを貼ったり、裂傷の際に傷口を寄せ合うようにして固定したり、という使い方をします。

つまり、傷口やその周辺にずっと貼ったままにしておくのに、セロハンテープなどを使っていたら肌荒れしてしまう、そのための医療用のテープというわけです。

 

衛生医療用品は基本的に白、と決まっております(ガーゼもマスクも生理用品も、基本は白ですよね)ので、マイクロポアテープも白色でした。

しかし、そのうちに茶色いマイクロポアテープが発売されます。

 

肌色であるため、傷を目立ちにくくすることができます。

これが、特に女性を中心として人気を呼び、おそらく病院でマイクロポアテープを出された方は、ほとんどが茶色の製品を出されているかと思います。

 

更に昨今では、紫外線が問題視されており、傷が治る過程では紫外線を避ける方が綺麗に治る、とされています。

マイクロポアテープを貼ることで、紫外線もだいぶ軽減することができます。

 

また、傷口が治る過程では、乾燥は厳禁、傷口に適度な湿度を保つことで早く・綺麗に治すことが出来ます。

マイクロポアテープを貼っていると、蒸れない程度の適度な湿度を保つことが出来ます。

 

以上、まとめると、マイクロポアテープの効果は、「肌に優しい」「固定(テープとしての機能)」「傷口を目立ちにくくする」「紫外線を軽減する」「保湿」ということになります。

 

スポンサードリンク

 

マイクロポアテープの使い方

0b46b045829c71673535f9e8d2e07a84_mでは、そのマイクロポアテープを効果的に使うためにはどのような貼り方がよいでしょうか。

切り傷(手術痕含む)などを早く治すために用いる「固定」としての機能を存分に活かすには、以下の5点に気をつけるとよいでしょう。

 

  1. 傷口の方向と直角に貼る(傷口が開かないように、寄せ合うようにして固定する)
  2. 1を傷口の端の方から、少しテープを重ねながらもう片方の端まで行う
  3. テープは剥がれてこない限り、何回も替えなくて良い(1~2日に1回)
  4. 傷口の深さによるが、完全に治るまでか、治り始めてから1~3ヶ月ほどは続ける。
  5. 剥がすときは、傷口の端から剥がす(傷口にはった薄皮が伸びないように)

 

紫外線の軽減や保湿目的ならば、上記ほど丁寧にしなくてもかまいません。

傷口を覆うように貼っておけば充分です。

 

※なお、マイクロポアテープは「絆創膏」ではありません。傷口が回復期に至るまで(例えば、傷口に薄皮ができるまで)は、キズパワーパッドやガーゼ、絆創膏などを用いましょう。

 

 

どこで手に入れるの?

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_m多くは病院で処方されます。

「傷口に紫外線って当たらないようにした方がいいですよね?」などと医師に伝えれば、気を利かせて出してくれる場合も多いでしょう。

 

市販でも手に入れることはできますが、絆創膏のようにどこの薬局にも置いている、というほどメジャーな商品でもありません。

お近くの薬局を数軒回ってもないようなら、取り寄せしてもらうか、ネット販売で購入した方が手っ取り早いでしょう。

 

また、類似商品としてただ茶色いだけのテープ(傷隠し用)や、サージカルテープ(ガーゼを貼ったりするテープ、通常は白)もあります。

マイクロポアテープは高機能な分、それらよりも高額です(といっても300~500円程度ですが)。

 

目的・用途に合わせて商品を選ぶと良いでしょう。

Return Top