Read Article

バランスボールのサイズの選び方!椅子代わりにする場合は?身長ごとによって違う?

バランスボールのサイズの選び方!椅子代わりにする場合は?身長ごとによって違う?

近年、ダイエットやエクササイズに使う道具として広く普及しているバランスボール。

あなたのお宅にはありますか?

 

あるけど使ってない、使いたけれどなにかうまく使えない...そんなあなたはバランスボールのサイズがご自身に合っていないのでは?

バランスボールは使う人の身長によってサイズの選び方が大きく異なります。

 

自分に合わないサイズのボールではバランスがとりずらくエクササイズはもちろん、きちんと使いこなすことも難しいでしょう。

バランスボールの選び方を一緒に確認してゆきましょう!

 

スポンサードリンク

 

伸長とバランスボール

18145b8249d4f4a63b895ba91122be24_mバランスボールのサイズを選ぶ基準となるのは、ずばり身長です。

150cm未満であれば45cmサイズを、150cm~165cmは55cmサイズ、165cm~185cmは65cmサイズを、それ以上は75cmサイズを買うと目安としてお考え下さい。

 

サイズはエクササイズに使う目的であれ、常用の椅子として使う場合であれ自分の体にフィットするものを選ぶ必要があります。

ポイントとしてはバランスボールに座った際に膝が90度の角度で曲げられるバランスボールが体に適していると言えます。

 

座った状態で膝が90度を維持するのに前かがみが必要となってくるのであればそのサイズはあなたに適していません。

前かがみで猫背を誘発するだけではなく、内臓を圧迫するため座ることによって姿勢を正す効果をもたらすこともなければ、インナーマッスルを引き締めるダイエット効果も低くなります。

 

自分に合ったサイズを購入することで十分な効果を得られるようにしましょう。

身長から算出されるバランスボールのサイズはあくまで目安なので、実際に座って体感して選ぶのが一番です。

 

詳しく具体的に知りたい場合は、販売店に直接問い合わせるのがベターかもしれませんね。

 

 

 

スポンサードリンク

 

値段と品質

e8d2787a05ec5ba0fd545bc76ce94488_mバランスボールは千円から手に入るものから、一万円を優に超えるものまで様々な商品が存在します。

 

昨今では100円ショップの品質の良さから、安かろう悪かろうという言葉にあまり信憑性がないのですが、バランスボールに至っては「安かろう悪かろう」は真実なのであまりにも安いバランスボールはお勧めできません。

 

使い勝手ももちろんそうですが、破裂なども普通に引き起こしますし、長く使いたいのであれば三千円~五千円、良いのを買いたいな!と思ったら一万円を出す予算組みをしましょう。

なかでもどれを買ったらいいか、ですが「アンチバースト」仕様のバランスボールを買うことおすすめします。

 

アンチバーストとは破裂した際、緩やかに空気が抜ける構造となっており破片などがあちこちへ吹き飛ばない仕様になっているボールのことです。

買う前から破裂時の心配で恐縮ですが、破裂した際に大きな事故にならないという点はとても大事です。

 

 

お店で買おう!

7fd7a1f41cf7d1499547ac1423ebe81d_mバランスボールはスポーツ用品店で購入することが出来ます。

お店の方にどれが自分に適切かを相談しながら買うのが最も良いでしょう。

 

インターネット通販でも簡単に手に入りますが、品質や質感など自分の好みがありますので出向いて自分の目で見て手で触って決める方が良いと思われます。

バランスボールは大きなもので生活空間を圧迫する存在感なので、画面で見た時には気に入っていたのに届いたのは微妙にイメージが違う!となったときにとっても困ってしまうからです。

 

購入を検討している方はお時間を作ってスポーツ用品店に思いみてみてくださいね。

Return Top