Read Article

ポリゴンショック事件とは?ポリゴンは悪くない?当時のニュースや後遺症について解説!

ポリゴンショック事件とは?ポリゴンは悪くない?当時のニュースや後遺症について解説!

1997年12月16日に放送したテレビ東京系アニメ「ポケットモンスター」で起こったという「ポリゴンショック事件」。

それがどのようなものだったのかその内容や、当時のニュース報道されたのかについてまとめてみました。

スポンサードリンク

「ポリゴンショック事件」とはどういう事件だった?

 

○「ポリゴンショック事件」とは?事件の経緯、内容について

1997年12月16日にテレビ東京およびその系列局で放送されたテレビアニメ「ポケットモンスター」第38話「でんのうせんしポリゴン」を見た視聴者が光過敏性発作などを起こした事件のこと。(ポリゴンショックともポケモンショックとも言われている)

この回は、主人公の少年達が事件を解決するためにコンピュータ内部に入り込むという内容だった。この回ではコンピュータの世界を表現するため、画面が激しく点滅する手法が多用された。

後にテレビ東京が配布した報告書によると、25箇所にわたって1秒間以上連続して使用しており、特に番組後半はこれらが連続して使用された。テレビ東京が最終的に把握した患者は約750人になり、そのうち135人が入院。その症状は主に発作様症状、眼・視覚系症状、不定愁訴、不快気分、頭痛や吐き気など。

その原因は画面の激しい点滅によって、光過敏性発作が引き起こされたためとされています。

ネット局の関係でその放送を視聴できなかったという人や、そんな気持ち悪くなる回…是非見たい!という声に応える為?でしょうか、ネット上にはその回がアップロードされていたりしますが、体調に影響を与える恐れがありますので、視聴しないようにしましょう

(そもそも、テレビ放送を許諾なくアップロードするのは違法です)

 

【この事件が与えた影響】

放送後、テレビ東京は原因が究明されるまで「ポケモン」の放送を中止。

(再開を求める声が多数寄せられた事もあり、1988年の4月16日に放送再開)

その期間任天堂の株価が値下がりするなどの影響が出ました。

また、ポケモンに限らず他のアニメ番組、ゲームソフトの制作に影響を与え、アニメ放送の前には「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てください」記者会見の激しいフラッシュがたかれる際には、「フラッシュの点滅」にご注意下さい。というテロップが流れるようになりました。

スポンサードリンク

【この放送を見ていた人の感想】

「ポリゴンショックは凄かったな あの時リアルで見てたけど何ともなかった あれ以来テレビは部屋を明るくして離れてみてテロップがでるようになった」

 

この「ポリゴンショック事件」ですが、ネット上では「ポリゴンは悪くない」とも言われています。それはどういうことかというと…。

 

と、いう様に実際は「ポリゴン」の登場シーンに問題はなく、「ロケット団」や大人気キャラクター「ピカチュウ」の方がよほど激しい点滅が繰り返されたのですが、原因であるはずの「ロケット団」や「ピカチュウ」よりもなぜか「ポリゴン」の方が悪者になっています。

 

…ところでキミ、反省してる?(笑)

個人的なことですが、実は筆者は持病として「てんかん」を持っております。

その経験からいくと、テレビアニメは見なければ済むのですが、「ゲームセンター」「パチンコ店」のなどのネオンや自転車のライト(チカチカ点滅するタイプ)の光を見るとふっと気分が悪くなる体質なのですが…これらを規制することは…むずかしいのでしょうかね、やっぱり。と思いつつ夜道を歩いています。

Return Top