Read Article

走り高跳びのコツと練習方法!はさみ跳び,背面跳び,ベリーロールの跳び方解説!

走り高跳びのコツと練習方法!はさみ跳び,背面跳び,ベリーロールの跳び方解説!

体育の授業で行われる陸上競技、得意なものはありますか?

短距離走に障害物走、中距離走、砲丸投げ、様々な種目がありますが、走り高跳びはいかがでしょうか。

 

芸能人のスポーツテストなどでもお馴染みの走り高跳び。

みなさんご存知のように意外とコツを知らないとバーに引っかかってうまく飛べない!苦手!と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

やって行くうちに覚えるさ!という方は良いでしょうが、少し自信ない…という方はまずは知識から取り入れるのも良いでしょう。

走り高跳び、3フォームのやり方を徹底解説いたします!

 

スポンサードリンク

 

正面から、しっかりバーの高さを意識する!はさみ跳びのコツと練習方法

08fb7cf6a6370f82890a6dc6b1fd6df2_m現在最もポピュラーといえるはさみ跳び。

正面から走り、バーの高さをシッカリ捉え足の跳躍力を生かして、バーをはさむように飛び越える高飛びの仕方です。

 

 

コツはとにかく脚をあげることです。

胸に届くのではないかと思うほど脚を高く上げましょう。

 

助走はしっかりと腕を振って、体中のバネを利用するようにします。

事前のストレッチは念入りに、身体がジャンプについてくるようにしましょう。

 

練習では踏み切りの脚を意識して気をつける事が良いでしょう。

 

自分の歩幅をキッチリ確認し、走り始めた場所から何歩で踏み切れるかは競技開始の事前にも確認し、シッカリ踏み切れるよう自分に落とし込んでください。

 

見た目は断然カッコイイ!背面跳びのコツと練習法

背中からマットへ向かって飛び越える背面跳び。

はさみ跳びが主流になるまでは背面跳びが一般的でしたが、今ではあまり見かけません。

 

そのため背面で飛べるとちょっとカッコイイ!です。

歓声が聞こえてくるかもしれませんね。

 

 

背面跳びは背中から落ちるようにマットへ向かっていくので、飛び越えた後の視界が確保できない点において恐怖心が先立ちます。

きっちりマットに倒れるイメージを固めて恐怖心に打ち勝つ必要性があります。

 

踏み切りは、はさみ跳びのように足を高く上げるわけではないので跳べると思った場所で踏み込んでしまって問題が無いのが利点です。

 

また、跳躍が足りなくても身体をひねるようにすればバーに当たらず飛ぶこともできるので純粋な跳躍力に不安があるな、という場合は背面跳びの練習を重ねるのも良いでしょう。

 

練習は主に柔軟を取り入れると良いでしょう。

身体をくねらせて跳ぶのでブリッジなどのストレッチを取り入れ、しなやかな身体作りを目指しましょう。

 

スポンサードリンク

 

聞いたことない?突っ込むようにして飛び越えろ!ベリーロール

0ce0e9f26c5d7196100b782cc4278ed7_mダンスの技かなにかかな?と思ってしまうほど現代っ子には馴染みのないであろうベリーロール。

 

背面跳びが主流になる前の飛び方として定着していたベリーロールは、バーの上をお腹から飛び越え、回転しながらマットへ降りていくやりかたです。

 

 

踏み切りははさみ跳びと別の脚で行います。

 

正面から飛び越えるため、手がバーに当たらないよう胸のところでクロスさせるのが良いでしょう。

そのまま飛び越えると着地が頭からになるので、マットに沈む前に身体をひねって背中からマットに向かえるよう回転を加えます

 

総合的に難易度も上がり、慣れていないと危険性も高くなってくるベリーロールは跳躍力も必要となってきますし、自信のないかたには勧められません。

 

自分の跳躍力に自信があり、是非正面から飛び越えてみたい!というときに練習してみましょう。

練習は着地練習を主に重ねていくことが、安全性を考慮した上でもっとも有意義だと思われます。

 

正面から飛び越える性質上ははさみ跳びと似ていますが、身体全体を踏み切りの力でねじ込まなくてはいけないので、ただ真上へ高く飛ぶという練習も加えたほうが良いかもしれません。

 

過度な練習は身体を壊すもと

f16acdae329f7d936449cfdfe4765f11_m高く飛びたい!いい記録を残したい!みんなにアッと驚かれたい!

気持ちはよくわかりますし向上心はとっても大切ですが、練習しすぎて本番前に怪我をしたのでは意味がありません。

 

練習はあくまで練習、本番をこなすためのステップでしかありません。

あまり過度にこなすのはやめましょう。

 

練習を何度重ねてもうまくいかないんだ!というときは、ちょっと冷静に考えましょう。

もしかしたら他の跳び方の方が、あなたにはシックリくるかもしれませんよ。

Return Top