Read Article

ライターがつかない!原因は?正しい付け方・使い方も解説!

ライターがつかない!原因は?正しい付け方・使い方も解説!

 

ライターって、私たちの生活に欠かせないものですよね。

 

コンビニなどで手軽に買える100円ライター、おしゃれなオイルライター、皆さんのご家庭にもどれか必ず1つはあると思います。

 

筆者はこの季節、蚊取り線香に火をつけるのに毎日使っていますが、ときどきいきなり火がつきにくくなって困ることがあります。

 

そこで今回は、ライターについて少し調べてみたことをご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

 

火がつきにくくなった原因は?正しい使い方は?

a0001_012891

100円ライターの場合

 

  • ノズルが目詰まりしている

ノズルの目詰まりは、もっともよくある原因です。

もっともお手軽な方法は、先のとがったものでガスの噴出孔をつついて掃除することです。

 

  • バネが弱くなっている

 

 

上のタイプのライター石の下にはバネが入っているのですが、これが弱くなると火花がきれいに出ません。

 

レバーを外して、ライター石とバネの間にもの(平らな小石など)を入れて、バネの力を強めると、復活することがあります。

 

部品を外すときにガスが噴出することがありますので、くれぐれもご注意ください。

 

  • 気温が低い

使い捨てライターに充填されている液化ガスは、気温が低すぎると気化することができず、着火が難しくなります。

 

このときは、握って上下に振ってみましょう。

体温で内部のガスが温まり、また揺さぶられることで液化ガスが気化しやすくなります。

 

スポンサードリンク

 

オイルライターの場合

 

  • オイル切れ

タンクを開けてみたら乾いていた、という場合はオイル切れです。

 

  • 芯の状態が悪い

芯が短すぎても長すぎても、また煤(すす)で汚れすぎていてもいけません。

少し長めに出してから、適正な長さになるように先端を切り落とし、きれいな芯を露出させましょう。

 

  • フリント石の状態が悪い

フリント石が摩耗している、サイズがライターにあっていないなども、着火が悪くなる原因です。

一度交換してみると良いでしょう。

 

ターボライターの場合

 

  • ガスを充填した直後だった

ガスを充填したら火が付かなくなった場合は、10分ほど放置してから再度試してみてください。

 

  • 発火点が緩んでいる

芯を押しこんだり、ピンセットなどでつまんでネジこんでみたりして、緩みを調整してみましょう。

 

上手に火をつけたい!

a0001_002160

オイルライターは火をつけるのが難しいようです。

 

フリント・ホイールと呼ばれる、着火のときに火花を出すところを、親指で勢い良くまわさなければなりません。

 

上手に着火している人にコツを教えてもらうと良いでしょう。

 

 

番外編:ガスが残っている100円ライター・ターボライターの捨て方

 

試してみたけれどやっぱりダメだった…というときは、もったいないですが、捨てなければなりませんが、気になるのは、ガスが残ったままのライターの捨て方です。

 

多くの自治体が、「ガスを抜いてから不燃ゴミとして出す」という決まりにしているはず。

確実にガス抜きするには、まずペンチで、ライターの金属部分を外します。

 

芯(白いプラスチック部品)をゆるめて外したら、完了です。

 

 

*必ず火の気のないところで行ってください!

Return Top